tablet pill download cloud cart search smile checkmark cloud-serves coin-yen home homepage house mail-plus mansion money music ocn-multipack operator page password phone point-right security setting shield smart-phone-call support-man tv virus-check wifi wrench

インターネット回線キャッシュバック比較サイト

意外と知らないプロバイダあれこれ

みなさんプロバイダって聞いたことありますよね?

それでは、「どんな役割をしてるの?」って聞かれたら答えに困っちゃうのではないでしょうか。

簡単に言うと「インターネット接続業者」なんですけど、インターネットを契約、接続する時には必ずこのプロバイダが必要になります。

もちろんフレッツ光を申込むときにもこのプロバイダが必要になるわけです。

プロバイダを変えると、今まで見れていた物が見れなくなる?

元営業マンの自分の経験上、お客さんが最も勘違いしていることがこれです。

「プロバイダを変えると、今まで見れていた物が見れなくなる。だから、プロバイダを変えるのはイヤ!」

まぁまぁ、わからなくもないですよねぇ…
この誤解を解くのには、本当に苦労してきました。

日本には数々のプロバイダ業者があります。
有名なところではOCN、BIGLOBEなどですね。
どのプロバイダーと契約を交わしても、パソコンで表示される物も検索できる物は何も変わりません。

じゃあ違い何なのか?
これは「月額料金」「オプションサービス」「通信速度」ですね。

「月額料金」や「オプションサービス」は、各プロバイダーのサイトを見ればすぐわかります。

わかりづらいのが「通信速度」。

上の漫画で言うと、プロバイダーが開けてくれるドアが大きい方が、たくさんの人が通れます(これはプロバイダーの設備の規模で変わってきます)。
そして、ドアを通る人が多くなると、いっぺんにドアをくぐれなくて並ばないといけなくなります(これはプロバイダーの利用者の数が影響します)。

このように、プロバイダーの設備の規模や利用者数によって、同じ光回線を使っていても通信速度は変わってしまうのです。

あと、プロバイダメールを利用している人は、プロバイダを変更するとメアドが変わってしまうので注意!

それ以外の特別な契約をプロバイダと交わしてなければ、特に乗り換えに関して敏感になることはありません。