tablet pill download cloud cart search smile checkmark cloud-serves coin-yen home homepage house mail-plus mansion money music ocn-multipack operator page password phone point-right security setting shield smart-phone-call support-man tv virus-check wifi wrench

インターネット回線キャッシュバック比較サイト

光コラボとは何?

光コラボの仕組み

光コラボの仕組み
  • 一部のプロバイダでは、回線料金を接続料金とまとめてプロバイダに支払うこともできる「withフレッツ」プランがあります。現在は新規受付は終了しています。
  • 光回線のみを提供している光コラボもあります(プロバイダは別で契約)。

光コラボ(「光コラボレーションモデル」)は、NTT東日本・西日本によって2015年2月に開始された新しいビジネスモデルです。

上の図のように、これまではNTTからしかフレッツ光の回線は提供されていませんでしたが、光コラボでは、NTTが各光コラボ事業者にフレッツ光回線を卸売し、各光コラボ事業者は自社独自のサービスとしてフレッツ光回線を提供することが出来るようになります。

自社独自のサービスとして提供できるようになったため、月額料金を安くしたり、他のサービスと組み合わせた割引プランを提供したりと、各光コラボ事業者が独自のウリを出していくことができるようになりました。

回線自体はフレッツ光と同じものなので、私たち利用者はフレッツ光回線をいろいろな条件から選択して利用できるようになったのです!
もちろん、提供エリアもフレッツ光と同じです。

つながるエリア
  • 光コラボによっては、NTT東日本エリアのみ、またはNTT西日本エリアにのみサービスを提供という場合もあります。

転用について

フレッツ光をすでに利用している方は、「転用」という形で光コラボに乗り換えることが出来ます。

「転用」で光コラボに乗り換えると、

  • フレッツ光回線をそのまま利用するので、工事やモデムの交換の必要がない
  • 工事費がかからない
  • フレッツ光の違約金がかからない
というメリットがあり、より気軽に光コラボに乗り換えられる仕組みになっています。

  • 利用中のフレッツ光の回線品目を変更、またはホームタイプからマンションタイプへ変更する場合は工事が必要になる場合があります。
  • プロバイダーの解約金は別途かかる場合があります。
  • 光コラボによっては、契約事務手数料がかかります。

転用前に利用していたオプションサービスは、ほとんどが光コラボに転用後でも継続して利用することができます。

  • 一部、継続利用できないオプションサービスがあります。また、継続利用できるオプションサービスでも提供者が変わる場合があります。詳しくはNTT東日本NTT西日本のHPで確認可能です。

光コラボのメリット

光コラボはフレッツ光より料金が安い
  • 各事業者が競争することで、フレッツ光には無いオトクなサービスが提供される(携帯回線や動画配信サービスとセットにした割引など)。
  • フレッツ光より料金が安くなる。
  • 支払いや問い合わせ先が一本化出来る。
  • フレッツ光回線を利用する上での選択肢が増える。

多くの光コラボ事業者が契約者数を獲得するために、独自のサービスを提供しています。

例えば、「U-NEXT光」なら格安SIM「U-mobile」と同時に利用することで、毎月割引が受けられる「スーパーファミリーバリュー」「U-NEXT光&スマホ コラボレーション」といったセット割引を用意しています。

また月額料金も光コラボ業者によってさまざまで、フレッツ光をそのまま使うよりもオトクにフレッツ光回線を利用できる光コラボが多数あります。

今まではフレッツ光はNTTからしか提供されてなかったので、NTTが決めた価格で利用するしかありませんでした。

光コラボが始まったことにより、各光コラボ事業者が競争し、私たち利用者にとって魅力的な選択肢が増えてます。

また、プロバイダと一体型の光コラボなら、支払先が一つになり管理がラクになります。

何かインターネット接続でトラブルがあった際も、光コラボ事業者に問い合わせれば良いので「NTTとプロバイダ、どっちに聞けばいいの?」と悩むようなことはありません。

光コラボのデメリット

  • 一度光コラボにするとフレッツ光に戻したり、他の光コラボに再転用することが出来ない。
  • フレッツ光より速度や安定性が落ちる場合がある。
  • キャッシュバックがもらえなかったり少なかったりする。
  • NTT東日本から提供されている「フレッツメンバーズクラブ」やNTT西日本の「CLUB NTT-West」が利用できなくなる。

一度光コラボに転用すると、フレッツ光に戻したり、他の光コラボに再転用することはできません。

いったん光コラボに乗り換えた後にフレッツ光にも戻したり、別の光コラボに乗り換えたくなった場合は、今の光コラボを解約して新しい光コラボと新規で契約し直さなければならないのです。

解約した光コラボの違約金を払わなければならない場合もありますし、新規で契約し直すわけなので再び工事が必要になり工事費がかかる場合があります。

フレッツ光から光コラボへの転用は気軽にできますが、一度転用すると別の光コラボに切り替えることは容易ではなくなるのです。

契約者を囲いたいのは分かるけど、ちょっと利用者に優しくない部分ですよね。

同じフレッツ光回線を使っているんだし、もっと気軽にいろいろな光コラボに乗り換えられるような仕組みなら嬉しいんですけどね…

また一部の光コラボでは、フレッツ光のときよりも通信速度が落ちたという口コミが見られます。

同じフレッツ光回線ですが、設備や契約者数によって通信速度に違いが出るみたいです。

OCN光のように、場合によっては通信速度に制限をかける光コラボもあります。
インターネットを快適にご利用いただくための取り組み

ネットゲームなど速度を重視する方は、光コラボに乗り換える際は慎重になる必要がありますね。

あと、光コラボはフレッツ光で行われていたような高額のキャッシュバックキャンペーンはほぼありません。

光コラボ事業者はNTTからフレッツ光回線を借り受け、さらに月額料金を安くしセット割などの割引まで行っています

だからキャッシュバックにお金を回せるほどの余裕が無いんですね。

それでも、キャッシュバックキャンペーンを行っている光コラボはあるので、どうせならキャッシュバックをもらってオトクに光コラボを始めましょう。

気をつけるべき点として、光コラボに転用すると、NTT東日本から提供されている「フレッツメンバーズクラブ」やNTT西日本の「CLUB NTT-West」が利用できなくなり、溜まったポイントが交換できなくなります。

光コラボに転用する前に、ポイントは交換しておきましょう。

各光コラボを徹底解説!!

  • SoftBank 光
  • U-NEXT光
  • OCN光
  • IIJmio光
  • hi-ho ひかり
  • ぷらら光